エリックカール展

d0221414_18463353.jpg
先月、ずっとずっと行きたかったエリック・カール展に行ってきました!!
京都や東京へはさすがに行けないので、岩手(盛岡)で開催されるのを待ち、前売り券を購入して、パパのお休みと祝日が重なった日に家族全員で行ってきました⭐️

その日はあいにくの雨。でもはりっきって早起きして自宅を7時半前に出発、盛岡美術館に到着したのがちょうど開演時刻の9時半。
しかしもう既に車が並んでいてそれなりに人も多かったです。

もちろん絵が展示しているところは撮影禁止なのでフォトスポットのみの写真だけですが、しっかり心に焼き付けてきました。
もうどの絵も素敵で、下書きと本番の絵が若干違っていたり、エリック・カールが影響を受けたレオ・レオニクレーの作品もあったりして、レオ・レオニやクレーも大好きなのでもう興奮しまくりでしたー❤️

はらぺこあおむし、パパ、お月様とって、だんまりこおろぎ、くまさんくまさん何みてるの?とみんなが知ってそうな作品だけでなく、‘巨人に気をつけろ!’の絵もすごく可愛くて初めて知った本も即購入したくなりました・・・

お金たくさんあったら全作品買いたいよー。原画も買いたいよー。
d0221414_18503296.jpg
子供達がいたので、ぐるっと1周ちょっと廻ることしかできなかったけど、もし一人で訪れていたら1日中いられたなぁ。ところどころに座る場所もあったのでボーッと作品眺めながら1日すごしたかった。

帰りはお土産にマグネットやポストカード、エリックカールの画集を1冊購入して帰ってきました。
帰りは節約のため下道で帰ってきたので結局自宅に到着したのが夕方5時半頃になりました(^_^;)疲れたけど、無事に行って帰ってくることができて大満足の1日でした!
d0221414_18501232.jpg

[PR]

# by sava-cat | 2017-12-09 19:04 | お出かけ

OCC シューボックスで世界の子に笑顔を

そういえば、息子が幼稚園からもらって来たパンフレットで知ったのですが、OCC(オペレーションクリスマスチャイルド)という、靴箱にプレゼントをたくさん詰めて、戦争や貧しい境遇に生きる世界の子供たちにクリスマスプレゼントを送ろうという活動があるみたいです。

5年ほど続いている活動らしいのですが、去年は気づかなかったなぁ149.png

自分の子供たちはもちろんだけど、どの子供たちも未来の宝物。

我が家にできることであれば協力したい。と、長男と同じくらいの年代の男の子と女の子に2つプレゼントを作って送ることにしました。

集荷期間は毎年11月の第3週に行なっているようです。
今年の集荷は11月14日〜18日みたいですが、我が家は幼稚園で指定された日に園に持っていく予定です。

プレゼントに送るもので入れてはいけない内容のものもあるのですが、シューボックスとかOCCとかで検索すると出てくると思います。
自分でプレゼントを買って、靴箱に詰めて作ることもできるし(輸送費として700円別途)、おまかせBOXで1箱2500円の寄付だけしてプレゼントを作ってもらうことも、もちろん寄付金だけの支援をすることも可能みたいです。
あと1週間ちょっとですが、もし協力したいという方がいたら是非112.png

[PR]

# by sava-cat | 2017-11-05 20:28 | その他

久しぶりの!

本当に久しぶりのブログです149.png149.png149.png
前回のアップから一体どんなことがあったのか、多すぎでどれから書けばいいかわからないくらいです・・・。
とりあえず、9月は長男の運動会があって、その後は参観日やら次男の病院やら、幼稚園のお母さん方との親睦会やらがありました。

やはり3人子育てとなると、文字どおり手に余るといいますか、手の数以上に人数がいるとグンと忙しさが増す印象です。

さらにパソコンがWindowsからMacBookになったというのもあり、仕様がガラリと変わったので、写真を保存するのも、ブログをアップしたりするのもかなり時間がかかるようになってしまったというのも、アップ回数が減った一因です😂
30歳すぎただけで日々の進歩や時代の流れについていけないのは、果たして自分の能力が低いからなのか、時代の流れが早すぎたり情報量が多いだけなのか。。。

とりあえず身体の衰えも、頭の衰えも日々痛感しています(泣)

あーそういえば携帯会社を変えて色々バタバタしたりしたのもありました。何年かぶりに携帯会社を変えたのですが、特に変える予定もなかったなか、行き当たりばったりで変えたもので、変更してから2ヶ月ほど色々大変なことがありました…。(携帯番号は良いにしても、メアドが変わったのでメールが届かなくなったものも多数でかなり困惑。当たり前のことだけど、迂闊に変えるんじゃなかったと後悔。)

さて、子供達はとりあえず元気。
次男は喘息が何度か出たけれど、長男は特に大きく体調を崩すこともなく、幼稚園イベントも欠席せずいます110.png
d0221414_19540775.jpg
長女は鼻水が出たり咳が出たりはあるけれど、これもまた大病はせず、ワクチンもBCGまでクリアできました。
d0221414_19545982.jpg
ただ、私は長男の参観日の途中から急に体調を崩し40度の熱を出すことがあったり、原因不明の下腹部の違和感や、喉をやられて声が出なくなったり、胸が痛かったり、相変わらず地味に体調不良は続いています。
これは後厄終わるまで続いちゃうのかなぁ…145.png145.png145.png

もう北朝鮮問題やら中国の衛星が落ちてくるやらなんやら、毎日が不安で不安でたまらないし、考えたってしょうがないけど、子供達の未来を守るためにどうにかならないのか、悲しくなります。

貯金一つにしても、未来がなくなってしまうなら、今辛い思いして貯金してもしょうがないのか?とか、
子供たちを怒る時だって、『今怒るより、子供たちを好きにさせて毎日笑顔だけ作れるようにした方がいいのか?』とか。
でも結局ギリギリまで未来がある前提で生きていかなきゃいけないから子供たちを怒ったり、未来に備えた行動をしなきゃいけないっていう。。。

どうか今年のクリスマスも来年への年越しも、来年の次男の誕生日も、長女の1歳の誕生日も、次男の入園も、長男の誕生日も無事に迎えられて、ずっと平和で楽しい未来が続いていきますように。

d0221414_19552690.jpg

[PR]

# by sava-cat | 2017-11-05 20:13 | 日々の記録

獣医学部新設したって

四国に獣医学部を新設したところで、一体どれだけの卒業生が四国に残るのでしょう?

北里大学の獣医学部は青森にありますが、卒業生で青森に残る人なんていないに等しいです。

しかも青森出身の卒業生でさえ残らないのですよ?

残ったとしても、ほとんど小動物獣医になりたくて入学してくるので公務員獣医、産業動物獣医になるものはその中でもさらに少ない。

新設したところで増えるところは小動物獣医。ペットブームに限りがみえてるなかでさらに小動物獣医が増え、今でさえ動物病院が飽和してる中、さらに飽和し、
今でさえ獣医学部の学費を返せるほどの稼ぎもない中さらに年収も減ることでしょう。

一番に問題だと思うのは、新設や定員を増やことで偏差値が低くなり、獣医学部に入りやすい状態になると、意識の低い学生や卒業生が増え、まともな知識を持たないまま、自覚のない状態で仕事に従事するのではないかということ。
獣医学部の教員数が今でさえ足りてないのに、良い教育を提供できるとも思えない。

今でさえ薬剤耐性菌に対しての意識が低いと思う獣医が多い。抗生剤の使い方が乱雑だと思う獣医が多い。
学生の意識と、提供できる教育のレベルの高さを維持しないと、今後人間の健康維持にもツケが回ってくると思う。

レベルの低い獣医を増やしたところで質が低下し悪影響だと思うけど。

レベルの低い獣医が食肉衛生に関与して、その食肉を食べたいと思いますか?

必要なのは卒業生をいかに産業動物獣医に従事させるか、公務員獣医になってもらうか。いかに質の高い獣医を育てるか。
そのためには既存の獣医大学で奨学金制度を充実させたり教員を増やしたり、教育内容を充実させることだと思うのだけど。

新設や定員を増やすことは得策だとは思えない。
もっと現場の獣医師や既存の獣医大学の教員の意見を聞いてから決めてほしい。餅は餅屋でしょう。

[PR]

# by sava-cat | 2017-07-10 13:07

そう思われると悲しい

加計学園の獣医学部新設をめぐって、連日のようにいろんな記事や、その記事につくコメントを呼んでいるけど、もうなんか心の中がモヤモヤしすぎて、あまり批判的な意見をブログで書くべきではないと思いつつも書いてみる。
別にトップブロガーでもない私がここで書いたところで呼んでくれる人はわずかだし、正しく理解してくれる人もわずかかもしれないけど…


国のトップにいるような人が、臨床小動物獣医が儲かってるから公務員獣医が少ないとか、ペットブームだから獣医師増やしても問題ないとかコメントしている人がいるけれど、実際私の周り(同級生や職場の人、知りあい等)の獣医師の話だけれど、その人たちの給与は、私の周りにいる普通の会社員の人達の給与と同じくらいか低いのがほとんどです。。ボーナスも昇給も何年も無いという話も多く聞きます。
でも残業はあたりまえだし、夜中に呼び出されたり朝方まで家に帰られなかったことや、帰宅してからも呼び出され出勤したこと、休日でも呼び出され出勤したり、動物のことや飼い主さんのことを気にかけて出勤したりオペしにきたり。。という獣医師がほとんどです。

休日だって、自分の知識や技術向上のためにセミナーに出かけたり(遠方でのセミナーは交通費やホテル代も実費で出している人も多いし、中には何十万というセミナー費もある)している先生がほとんどです。

一部の開業医の先生以外、給与が良いからという理由で満足して働いている獣医の先生はどれだけいるんでしょう…?

少なくとも私の周りでそんな話は聞きません。。

昔であればバブルがあったり、ちょうどペットブームで動物の飼育数が上昇しているときだったし、税率も低かったり、ネット社会でもないのでそれほど高い知識や技術がなくてもやっていける時代だっただろうけど、今じゃペットブームも限りが見えてるし、動物病院も飽和状態、税金も高くなって自分の子供でさえ多く養えないというので少子化になっている中、動物にかけられる金額も高くない。(つまり高い治療はその子のためを思って進める事案があっても飼い主が消極的であることも多い)、ネット社会なのでネットで色々な情報を仕入れてきてクレームをつけてくることも多い。(訴訟を起こす人も)殴りかかってくる人や、呪いの手紙を何通も送ってくる人もいるみたいです。
それに動物愛護団体の中には「安くして当然!!」ひどいと『無償でやってくれてもいいじゃない』というスタンスの人も。。

求められることが高くなっている中、給与も満足でないのになぜ小動物獣医を選択するのか?

もうこれは『やりがい』しかないんじゃないかと思う。

私も、旦那も、私の周りも旦那の周りの獣医も、『動物を助けたくて』『動物の命を助けることで飼い主の気持ちを助けてあげたくて』『動物の健康を守って、人の健康(体だけでなく心の健康を含め)を守りたくて』小動物臨床医を選んだ。

常々よく話題になるけど、公務員獣医の方が有給も確保されてるしボーナスは出るし安定してるし、女性や家庭を持つ男性獣医は特に公務員になったら??と勧められる。

でもやっぱり辛くても患者さんの笑顔や感謝の気持ちを伝えられて、それが嬉しくて、小動物臨床から離れたくない人が多いと感じてます。

実際、旦那も家庭を養うために『公務員になろうかな…』と日々悩んでいますが、『慕ってくれている患者さんがいるから』と、高速で片道1時間以上かけて通勤して、昼ご飯も食べられない、トイレにさえも行けないという日々も多い中働いています。

だから国のトップで、発言が全国民に届くような人が、現状も知らないのに軽々しく言動していることとがとても悲しいです。
すごくつらいです。

獣医大学の教授もコメントしてくれていたけれど、若い獣医は安い給料で一生懸命働いています。(研修医の先生はバイトなどをして若いころは収入を増やしているという話を聞くけど、獣医はそんなバイトも無いしできない。)
たぶん私たちより若い獣医の先生はもっともっと苦しくなってくるような気がします。

人の病院の医師も、歯医者も、一般の会社員も、みんなみんな仕事は大変だし一生懸命やっているだろうけれど、勤務獣医は確実に給与に見合っていない仕事量だと思います。それなのにこれ以上獣医を飽和させないでほしいです。しなければいけないことは地域の分布格差だと思う。

開業したって、儲かるどころか潰れるかもしれない。潰れないにしてもギリギリ赤字にならない程度だという話がほとんどです。(ここ最近の開業に関して)
動物病院がウホウホに儲かった時代はもう終わったと思う。
もし仮に私たちが開業するとしたら、自分たちの信念を貫くためと、身体を壊さないために自分に見合った勤務体制のもとで働きたいから。という理由での開業になると思う。

どうか現状を知らずに、獣医はみんな儲かってる。と捉えないでほしいです。少なくとも、儲かるから小動物臨床医を選択している。と思って動物病院を見ないでほしいです。

[PR]

# by sava-cat | 2017-07-07 12:59 | その他